楽しい投資研究所の旅日記

楽しい投資研究所 www.1toushi.com からの出張Blogです。

黒海上空の未確認飛行物体のこと

黒海上空 2018

2018年の9月、カタールのドーハからスペインのバルセロナに向けての移動中、カタール航空機内でこんなメモを書いた。

---

f:id:shojig:20200831181101j:image

2018.09.11 11:03(スペイン時間)、ドーハからバルセロナに向かう途中の黒海上空、イスタンブル方向。

白い雲のような球に近い物体(?)進行方向とは逆方向に飛んでいる。手前に浮かぶ雲かと思ったがそれにしては移動速度が速い。

ちょっと奇妙だなと眺めていると、下方に複数の光線を照射しながらすーっと消えていった。

---

このとき見たものの正体は不明である。

飛行機に並走して飛んでいた、雲のような小さなふわふわしたもの。何なのだろうと思いつつ、軽い違和感とともに見ていた。一見、雲のようだが雲ではないような。それが少しずつ尾翼の方へ流れてゆき、ここで驚いたのだが、下方に光を照射しながら消えていった。この光は予想外だった。

 

ベルリン上空 2017

その前の年(2017年)、ドイツのベルリンで泊まったホテルのジムの窓から奇妙な3つの飛行(浮遊)物体を見た。立方体というか四角錐を2つ重ね合わせたような、横から見るとほぼ正方形で金属質のもの。それらがティアガルテン(国立公園)の上空に浮かび、遅い陽の日差しを受けて輝いていた。

金属質なそれらはゆっくりと回転しながら上昇してゆき、視界から消えた。ドローンかとも思ったがそのような形状のドローンは見たことがない(そもそもプロペラを視認できなかった)。確認できないという意味では未確認飛行物体そのものである。

 

検討

あれは何だったのかという疑問もあって、あるとき『スペース ピープル』(秋山眞人著)という本を手にとった。著者の秋山氏いわく、明確な交信を受けた際、必ずといって良いほど近くに小型のいわゆるUFOが近づいているのだという。そしてそういうものは、想念の影響を受けるのだとも。見ているだけでくにゃくにゃするとか。

自分が黒海の上空で見た雲のような浮遊物体が、こちらが見つめているうちに光を照射しながら消えていったのは、僕の想念の影響を受けたせいなのか。

結論としては、やはり何だかわからないという他ないのだが、このところ米軍関係者の間でこういうものとの遭遇例が増えているといい、先日、米国防総省がUFO調査のタスクフォースを正式に発足させたりしていたので、こんなことも書いてみた。

 

参考記事 (CNN)

CNN.co.jp : 米国防総省、UFO調査の作業部会を新設

 

追記:表参道 上空 2016

そういえば、2016年の9月、表参道で何気なく撮った写真の空に、光の列が写った。仕事帰りになんとなく撮ったものなのだが、後で見返してなんだこれはと戸惑った。

f:id:shojig:20200905103812j:image

*表参道の夜空に列なす光(写真中央やや上)

 

電飾的な何かだろうかと日中、改めて確認したのだがそういうものは見当たらなかった。数年の間、謎だったのだが、ある日、米スペースX社が打ち上げた衛星群スターリンクの存在を知った。なんだこれか。そりゃそうだ、列なすUFOなぞ、そうそう撮れるものではない。

f:id:shojig:20200905103823j:image

*拡大写真

 

僕にはこういう冷静な面もあるのだということを示すつもりでこの追記を書き始めたのだが、よく調べてみればスターリンク プロジェクトの発足は2015年で、初の試作衛星打ち上げは2018年以降なのだとついさっき知った。じゃあこれは何なのか?謎に戻った。