読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい投資研究所の旅日記

楽しい投資研究所 www.1toushi.com からの出張Blogです。

ウィーン旅行記 - 国立オペラ座

f:id:shojig:20151014172150j:plain

オペラ座の外観。夜はライトアップされる。

  • 国立オペラ座でバレエ「ドン・キホーテ」を観劇。せっかくだからと一階席を予約した。一人92ユーロ。
  • バレエは初めて観る。初の観劇がウィーンの国立オペラ座なのだからぜいたくな話ではある。
  • この日のためだけにジャケットとネクタイを持参した。

f:id:shojig:20151014172351j:plain

オペラ座内部。いちいち画になる造り。

  • 19時開演の演目だったが開場は18時過ぎであった。早く着き過ぎて30分ほど門前で待った。
  • バレエをやっているらしき母娘が僕たちの前に並んでいて(花束を手にしているあたり、出演者の関係者だろう)、入場後は娘さんが良い席に座ってお母さんは立ち見席にいた。だから早目に来て並んでいたのだと思う。立ち見席の真ん中最前列に陣取っていた。

f:id:shojig:20151014172531j:plain

三階まで吹き抜け。館内に控えている案内係の人たちが親切であった。

  • 館内でひとりの日本人紳士と知り合う。楽友会で二度、オペラ座で一度、すでに観たという。オペラ座のガイドツアーはお薦めだとのこと。作曲家の彫像のあるフロアがすばらしいのだと案内してくれた。ウィーンまでひとり旅し、音楽漬けの日々を送っている初老の人。英語は苦手といっていた。今夜の席は5月に予約したのだとか。観劇してスイーツを食べて、楽しそうだ。良い生き方をしているひとだと思った。

f:id:shojig:20151014172926j:plain

舞台すぐ横の席は舞台が見えなかったりする。なぜそんな造りなのか、想像はふくらむ。

  • 上演中は撮影禁止。幕間やカーテンコールのときは撮影可(らしい)。上演時間も終わりが近くなった頃、左前方の席の客がスマホを掲げて舞台を撮影している。何度もそうやって撮影している。マナー違反であろうし、後ろの観客はたまったものではなかろうと思う。おそらく日本人ではないだろうがアジア人ではなかろうか。同じアジア人として恥ずかしい、と思ったのだが、よく見れば欧米人の中年女性であった。アジアの同胞をわずかなりとも疑ってしまって申し訳ない。

f:id:shojig:20151014172752j:plain

幕間にワインが飲める。高くはない。

  • 21時45分終演。タクシーを捕まえるべきかと悩んだが、他の観客たちの流れに乗って、歩いて帰った。
  • 手を引かれた小さな女の子がバレリーナをまねてジャンプしつつ歩いていて可愛かった。

f:id:shojig:20151014173040j:plain

カーテンコール(というのだと思う)

  • ホテルまで約20分の道のり。人通りは多くはない。けれど女性がひとりジョギングしていたり、危険はまったく感じられなかった(薄暗い道は避けたが)。ウィーンは治安の良い街と聞いていたがその通りだと思った。