読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい投資研究所の旅日記

楽しい投資研究所 www.1toushi.com からの出張Blogです。

香港・台湾 旅行記 [1] - 台湾桃園国際空港の青い空。あと旅について

f:id:shojig:20161208175816j:plain

  • 旅を意味する ”travel” はアングロ・フランス語の ”travail” に由来する。「骨折り」「労苦」を意味することばだそうだ。その語源をさらにさかのぼれば、ラテン語の ”trepalium” に行き着く。その意味は「責め道具」。旅とは苦痛そのものであり、拷問に等しいものであったらしい。
  • 時代が変われば、言葉の意味も変わるのか、環境が変わったためか、それとも僕が変わっているのか。旅は僕にとって生きていくなかで2番目に楽しい娯楽である。
  • 旅先は日常の場から遠く離れたところが好ましい。気分が変わる。意識の状態が普段とはまるで異なるように感じる。そういう時は普段では思いつかないようなことを考えたりする。環境は思考に大きな影響を与えるのだろう。
  • 何か大切な決断を要するときには旅に出ることにしている。そんなときはめったにあるものではないが、そうすることは僕の人生に必ずといっていいほどいつも、良い影響を与えてくれた。非日常的な環境が、日常の枠を超えた思考を可能にしてくれたからなのかもしれない。
  •  今年は香港と台湾を訪れることにした。出発は10月3日。台湾は縦断するルートで、台北市と台中(日月潭)、高雄市の三所に滞在する。現地14泊の予定を立てた。
  • 利用した航空会社は中華航空である。今回もHISで予約した。
  • ホテルはBooking.comを通じて予約した。以前はExpediaを利用していたのだが、こちらは決済の段階で諸費用が加算されるのでいつも最後に驚かされる。わかりにくい。そのため、よりシンプルに案内してくれるBooking.comへと鞍を換えた。
  • 海外旅行保険はHS損保を利用した。コストの問題である。これまで、海外を訪れる際には必ず海外旅行保険に加入するようにしてきた。これからもそうするつもりなのだが、一度も保険金を請求したことがない。支払った保険料の総額はそこそこの金額になるはずである。しかし、保険金の請求に至らなかったこと自体が有難いことである。
  • 今回は、まず香港へ向かった。台北の台湾桃園国際空港にてトランジットである。台湾桃園国際空港から見た空は、澄んだ深い青で美しかった。