読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい投資研究所の旅日記

楽しい投資研究所 www.1toushi.com からの出張Blogです。

ウィーン旅行記 - メドゥーサに二度会う

f:id:shojig:20151014165837j:plain

  • ウィーンの美術史博物館には、ルーベンスの画が多かった。ハプスブルク家の当主たちはルーベンスを好んだもようである。なかでも「メドゥーサの頭部」が毒々しくてリアルで、とても良かった。家に飾るのは不向きだろうけれど、体の芯に響いて来るような迫力を感じた。これが本物か。

f:id:shojig:20151014165921j:plain

  • そういえば、イスタンブルの地下宮殿(古代ローマ時代の貯水池)では、石柱を支えるメドゥ―サの頭部(逆さと横向き)を見た。

f:id:shojig:20151014170111j:plain

  • 神話によればメドゥーサは美しい娘だったが、嫉妬に駆られた神アテナの呪いを受け、毒蛇の髪を持つ忌まわしい姿に変えられた。その視線には見た者を石に変える魔力を宿すようになり、最後は首を刎ねられ殺された。
  • そういえば、地中海沿岸の人々は、ひとの悪意ある視線を畏れてナザール・ボンジュウをつくった。

f:id:shojig:20151014170213j:plain

  • 旅先で二度メドゥーサに出逢った。なにか意味があるのかしらと、少しばかり考えさせられた。