楽しい投資研究所の旅日記

楽しい投資研究所 www.1toushi.com からの出張Blogです。

トルコ旅行の覚書 - 異質なことばに触れたこと

  • 旅先は遠く離れたところがいい。日常から遠く離れた環境が好ましい。
  • 人は環境によってつくられるのだと聞いた。環境が変れば、見聞きすることが変わり、関わる人が変り、自然、考え方が変り、その結果、行動も変わる。そういう理解でいいのだろうか。
  • 今回の旅では、その準備段階で異質なものに出会えた。トルコ語である。

f:id:shojig:20151027222456j:plain

アヤソフィア外観

  • 片言だけでも旅先の国、地域の言葉を覚えていくと、旅の質がまるで変わる。楽しさは10倍くらい大きなものになるように感じる。
  • トルコ語でこんにちはは「メルハバ」、おはようは「ギュナイドゥン」、ありがとうは「テシェッキュレデリム」である。早口言葉か。これまで触れてきた外国語とは異質な言語なのだと知って、気が遠くなった。
  • ただし、意外やトルコ語の文法構造は日本語に近い。日本人は比較的学びやすい言語なのだとも聞いた(本当だろうか?)。
  • これを書いていて思ったのだが、トルコ人の中に異様なまでに日本語の巧みな人がいるのはこういうところが関係しているのかもしれない。
  • f:id:shojig:20151027222811j:plain

アヤソフィア内部

  • トルコ語にアルファベットを用いるようになったのは第1次世界大戦後の共和国建国後であり、それ以前はアラビア文字だったのだそうだ。最近の話である。
  • オスマン帝国時代は、支配下に置いた民族の言語に寛容だったのだと聞いた。支配者の言語の使用を強制することが基本的になかった。他言語を話す民族を支配圏に取り込んでいく中で、相互に影響を与えあったと考えるのは自然だろう。トルコ語に感じた異質さは、そういうところにあるのではないか。

f:id:shojig:20151027223437j:plain

博物館となったアヤソフィアではキリスト教絵画とイスラム教装飾が共存していた

  • 以前、アラビア文字で書かれた新聞を買ったことがあるのだが、何が何だかさっぱり分からない。言語障壁の高さを痛いほどに感じた。バベルの塔を憎んだ神の怒りは強烈だったのだ。
  • 逆に考えれば、言葉は鍵ともいえる。異言語を手に入れれば、異世界への扉が開くはずだ。

トルコ旅行記 - トルコ人と日本語

イスタンブルに着いた日の朝(7時頃)、ブルーモスク前の広場の屋台でスィミット(パン)を買い、ベンチに腰掛けて食べていた。すると、

「こんにちは、日本人の方ですか?」と流暢な日本語で話しかけられた。小ざっぱりとした身なりの、中年のトルコ人男性であった。あやしいのは明らかである。

f:id:shojig:20151022002622j:plain

イスタンブルにはどのようなご用で?」と訊いてくる。「家を買おうと思って」と目を合わさず応えた。
「もう何度かいらしているのですね、もう決められたのですか?」と訊かれたので、「いやトルコに来たのは初めてで」と応えた。

こんなテキトーな奴にはかまっていられない、と思ってくれるのを期待したのだが、
「着いたばかりで家ですか、やばいっすね(原文ママ)」
と立ち去るそぶりも見せない。それにしても日本語が上手い。

f:id:shojig:20151022002958j:plain

結局、なにごともなく離れることができたのだが、異様なまでに日本語の巧みな男だった。ずっとその辺りをうろうろしていたので、どう見てもあやしいのだが、トルコ語を教えてくれたり、今にして思えば親切にしてもらった。

その後もイスタンブル滞在中、日本語を流暢に話すトルコ人に複数回出会った。

 

ウィーン旅行記 - 旅先での洗濯について

  • 今回はイスタンブル6、ザルツブルク4、ウィーン6と、現地に計16泊した。機内泊2を加えると18泊19日。一週間程度なら一週間分の着替えを持っていけばいいのだが、それを超えるとなると現地での洗濯が必要になる(我が家の場合)。
  • ホテルでのクリ―ニングを利用してもいいのだが、それは最終手段である。パンツ1枚に2ユーロ払うのはちょっと、と思うのは正常な感覚であろう。やはりコインランドリー(セルフ・ローンドリーまたはセルフ・オペレーテッド・ローンドリーで大概通じる)を利用したい。

f:id:shojig:20151017003052j:plain

結構規模の大きなコインランドリー店。週末にはミニコンサートが催されるらしい。

  • コインランドリーはそれのみ独立して在るのはまれで、たいていクリーニング屋に併設されている。操作はどこも似たようなものなのだが、細かなところで違っていたりする。説明書きを読んでも分からなければ、操作法を教えてもらうため、店主や従業員、あるいはたまたまそこに居合わせた現地のお客さんをつかまえて訊くことになる。
  • 概して皆、親切である。旅行者に人々は優しい。人の本性は善なのだと感じる瞬間である。

f:id:shojig:20151017003327j:plain

説明書き

  • 今回はザルツブルクとウィーンで洗濯した。イスタンブルではクルバンバイラムと重なったこともあって、営業しているランドリーを見つけられず、シャツをバスルームで手洗いした。洗濯は重労働であることを思い出した。松下幸之助は偉い、と思いつつシャツを絞る。乾かしたら良い具合に仕上がって満足である。
  • ザルツブルクではホテルのすぐ近くにコインランドリーを併設しているクリーニング屋を見つけた。洗剤込みで洗濯機と乾燥機使用のコースで10ユーロ。きれいに仕上がってこれまた上出来である。

f:id:shojig:20151017003611j:plain

  • ウィーンでは目星をつけていたところに見つからず、初日は無駄足を踏んだ(とはいえ市内観光にはなった。マーケットを見学できたし、ビールも買えた)。
  • ホテルに戻ってGoogle検索の出番である。検索ワードは "self operated laundry wien" としたが、どうも切れが悪い。トリップアドバイザーのサイトも覗いたが、ウィーンへの旅行者の多くがこの問題に悩んでいることを知った。
  • そして意外なことに、ウィーンではストリート・ビューがほとんど使えないのである。市内の道のほとんどがカバーされていないのだ(主要幹線道路のみ見ることができる)。なぜかは知らない。
  • 結局、シンプルに "Laundry wien" で検索したところ、良さ気なところがヒットした。ホテルから歩いて行けそうな所にひとつある。翌朝、朝食を済ませてすぐ出発した。この時点で洗濯は喫緊の課題となっている。
  • このブロックの角にあるはず、と見たところ、建物自体が改装中であった。一瞬絶句したが、落ち着けば難局はたいてい打開できるものである。地図を見直した。通りを一本まちがえていた。

f:id:shojig:20151017003749j:plain

ランドリーを求めて朝のウィーンを歩く

  • もう1ブロック先に、目当てのランドリーはあった。洗剤込みの洗濯と脱水(ここは脱水機が別であった)、乾燥機の使用全てで8.5ユーロ。
  • マシンを前にしてまごまごしていたら、洗濯に来ていた年配の女性が声をかけてくれた、何か分からないことありますかと。ここをこうしてああやってと一通り教えてくれた後、まだ5分くらいなら時間あるからここで待っていましょうか、とまでいってくれる。オーストリアの人々の温かさよ。自分にここまでできるだろうか。ありがとうございます、大丈夫です、ダンケシェン。
  • こうして無事、洗濯を終えられた。肩の荷が下りた気分である。帰路(朝市が立っていた)インド人の露店で想像通りの味のするカレーを食べて帰った。

f:id:shojig:20151017123913j:plain

コインランドリーにもフリーWiFi

  • ところで、一回の洗濯には移動時間も含めて2~3時間かかる。旅先でこの時間のロスは惜しい、と思うこともあった。ホテルのクリーニングを利用すれば、時間をお金で買うこともできる。
  • ただ、これを書いていて思ったのだが、これまでの旅行を振り返るに、洗濯というイベントが旅の印象に大きな影響を与えている。
  • 旅の思い出の第一は、観光名所巡りではなく、現地の人とのコミュニケーションにあると思っている。二言三言でも、現地の人とのやり取りが、あとで考えれば良き思い出になっていたりする。
  • バルセロナのランドリーの女主人は明るくて親切で素敵な女性だった。ミラノではたまたまそこに居合わせた年配のご夫婦と知り合い、彼らもまた旅行者で、街の見どころ、気をつけるべきことなどを教えてもらった。日本料理の店がこちらで増えていること、日本料理は存在感を強めており、これはビジネスチャンスであろうことなどを話してもくれた。フィレンツェの繁盛しているクリーニング屋は、全部私にお任せ下さいと親切だったが、帰って見てみると靴下の片方が2足分なくなっていた。
  • 現地の人々の息吹に触れられる機会ともいえる。そうとらえれば、旅先の洗濯も悪いものではない。

トルコ旅行記 - 日本語が流暢なトルコ人

f:id:shojig:20151020164057j:plain

ミュージアムパス(72時間もの)85トルコリラ(約3,400円)。

f:id:shojig:20151020165226j:plain

皇帝の門。ここから宮殿に入る。

  • トプカプ宮殿へ向かう途中から人波に揉まれた。宮殿敷地内にも行列ができている。きっと入場チケットを求める人々の列なのだろう、ミュージアムパスを買っておいて良かったと、家内と話していたところ、
  • 「彼らも皆ミュージアムパスを持っているので、それは関係ないですね」という声(日本語。流暢)が聞こえた。
  • 周囲に日本人はいない。空耳かと思いきや、隣を歩いていたトルコ人の若い男が話しかけてきていた。
  • 「ヨーロッパからクルーズ船が到着したのです。だから今日は混雑する」
  • トプカプ宮殿を観ようというのなら、午後からにした方ががいい」
  • ヴィトンのベルトとロレックスの腕時計を身に付けた身綺麗な人物だった。旅行会社に勤めているという。宮殿前でお客と待ち合わせているのだと。

f:id:shojig:20151020165317j:plain

トプカプ宮殿敷地内の大行列。ディズニーか。

  • いろいろと教えてくれた。「午前中は宮殿とは別のところを観にいった方がいい、バザールはもう観たか」
  • 「ただグランド・バザールは、観てもいいのだけれど、商品は偽物ばかりなので買ってはいけない
  • 「アラスタ・バザール(ブルーモスクの近く)には行ったか。そこなら買ってもいい」
  • 「食事はセブンヒルズがお勧めだ。日本のテレビでも取り上げられたレストランだ。ナインティナインオカムラが来た」

f:id:shojig:20151020165419j:plain

アラスタ・バザール。比較的落ち着いた雰囲気。

  • 聞けばHISイスタンブル支店に勤めているのだという。
  • 僕たちも今回の航空券はHISで手配した。創業者の澤田氏は僕の憧れの人物でもある。
  • HISはすばらしい会社だ。日本の旅行会社ではベストだと思う、と彼に伝えた。
  • 「またまた、お世辞でしょう?(原文ママ)」と彼は言った。
  • 「この間、日本に行って来た」という。どこを訪れたのか、京都か?と尋ねたところ、「キンシチョーだ」と応えた。

f:id:shojig:20151020165453j:plain

トプカプ宮殿内部。スルタンの家族が住んだ。新たなスルタンが即位するとき、兄弟皇子たちは法令に基づき皆殺しとされた(後継者争い防止目的)。

  • いろいろと教えてもらえて、本当に参考になった。何か請求されるにちがいないと思ったが、純粋に好意で教えてくれているようだった。謝意を伝え、握手して別れた。彼と一緒にいた彼の部下らしき若者も穏やかで好印象だった。
  • 今度訪れた時には彼にガイドを頼みたい(こう思わせるのだから優れたビジネスマンなのだろう)。そしてHIS株の取得を考えてもいいかもしれない。

ザルツブルクからウィーンへ - 高速鉄道Westbahnに乗る

  • ザルツブルクを発つ朝、日本で予約した鉄道チケットを探したが見つからない。印刷し忘れたらしい。軽く焦った。
  • こちらの駅に改札はなく、乗り込んだ車内で車掌がチケットを確認する。チケットはPDFなので改めてダウンロードしてiPadで提示した。まったく問題なかった。3年前、ニューヨークのアムトラックで他の乗客がそうしていたのを見て、へーそういうやり方もあるんだと思ったものだが、その経験が活きた。

f:id:shojig:20151017115339j:plain

チケットをiPadで提示するハイテクのワザ(ナウい

  • ザルツブルクからウィーンまで、高速鉄道で2時間半の距離である。チケットは日本で予約した。
  • 国鉄オーストリア連邦鉄道OBBだと66ユーロかかるが、後発の私鉄ヴェストバーン(Westbahn)ならひとり25ユーロで済む。半額以下である。評判も良かったのでヴェストバーンにした。同社は駅にチケット売り場を持たず、インターネットか車内でのみ販売している。
  • 移動にはお金をかけて良いだろうと、上位クラスの「Plus」を利用した。
  • Plus利用者には特典があり、隣席に他の乗客が乗って来ない(そういうサービス)。
  • それでもひとり42ユーロであった(OBBの1等車は110ユーロ)。

f:id:shojig:20151017115650j:plain

Plus車両内。通路側座席のバンドには「あなたの快適な旅のため、隣の席も押さえておきました」との表示あり

  • ヴェストバーン社は少人数の運営で低価格を実現している様子である。
  • ザルツブルク駅のホームにて、さてどの車両だろうと見まわしていると、制服姿の若い女性が、何かお困りですかと声を掛けてきた。チケット(PDF)を見せると、ああその席でしたら先頭車両ですのであちらです、と親切である。乗り込んでしばらくしてから切符を拝見とやって来た車掌も彼女だった。

f:id:shojig:20151017115459j:plain

ザルツブルク駅構内のヴェストバーン車両。意外やPlus車両が一番遠かった

  • 結局、ウィーンに着くまで目にしたヴェストバーンの社員さんは彼女のみであった。てきぱきしていて感じの良いひとだった。彼女にもらったチョコは塩味が効いていて美味であった(ザルツブルクは岩塩の交易で栄えた)。

 

ウィーン旅行記 - ビールとピザ屋のかっこいいおやじ

  • オーストリア出国の日、ウィーン国際空港にて。搭乗口近くでピザを食べた。美味であった。

f:id:shojig:20151016142857j:plain

ウィーンの空港で食べたピザ。

  • のどが渇いたので水を買いに行ったらとても高くて、代わりに瓶ビールを買った(ビールの方が安い。そしてオーストリアのビールはうまい)。

f:id:shojig:20151016153525j:plain

おみやげにと買ったオーストリアのビールとレッドブル(日本未発売)

  • 代金を払ったはいいが、栓抜きが見当たらない。栓を抜いてくれないかと伝えたところ、カウンターのおやじさんが「ふぅん!」と手で開けてくれた。
  • あ、開くんだ、ソーリー、という僕に、おやじさんはウィンクで返してくれた。
  • このおやじ、かっこいい!と惚れそうになった。

ウィーン旅行記 - 旅先の食事について

  • 旅先の食事が口に合うとは限らない。初めて訪れた国で、これおいしい、と思えたらそれはかなりラッキーなことだと思う。
  • ガイドブックにはたいてい、おすすめレストランが記されているものだが、実際行ってみてその通りおいしかったということの方がまれである。なので、ガイドブックは信用しないことにしている。
  • 実際に街を歩いてみて、にぎわっている店に入るのが手っ取り早く正解へ至る道である。

f:id:shojig:20151016144923j:plain

イスタンブルのケバブ売り。かなり繁盛していて、キョフテ(肉料理)を食べたのだがおいしかった(羊肉はうまいのだ)。持ち帰りをと頼んだところ、ここに座って待っていてくれ、と家内に椅子をすすめてくれたり、話しかけたりとトルコの男は親切である。当の家内は、からかわれたのではないか、もうこの店には行きたくないとコメントしていた。

f:id:shojig:20151016144330j:plain

ザルツブルクの地元の人々でにぎわっていたBio-Burger-Meister。丁寧なつくりでおいしい。店主も親切でとても感じが良かった。滞在中、2度訪れた。肝心のハンバーガーの写真は、すぐ食べてしまうので手元にない。

  • 今回のオーストリアでその手を使ったところ、ことごとくハンバーガーになってしまったところは軽い反省点ではある(有機食材を用いたBioバーガーが流行りのようであった)。

f:id:shojig:20151016142421j:plain

ザルツブルクのホテル(ヴォルフ・ディートリッヒ)のビュッフェ。おいしいのだがメニューが一貫していて、工夫しないと飽きてしまうかな。

  • そんな食生活なので、自然、食い過ぎるということはない。日中は歩きまわる(美術館や博物館はとても体力が要る)ので、カロリー消費に問題はないと思う。それに加えて、今回押さえたホテルにはジムやらプール、サウナが充実していたので喜んで利用した。オーストリアで見た観光客は年配の人たちが多かったので、ジムやサウナはほとんど貸し切り状態だった。嬉しい誤算である。
  • その結果、体がたるむことはなかった。むしろ締まったのではないかというくらいである。旅の意外な効用といえよう。

f:id:shojig:20151016143722j:plain

ウィーンの露店でインド人から買ったチキンカレーとラッシー、合わせて11ユーロ。想像通りの味、なるほどなるほど、といった味。

  • 旅は、普段己の置かれた環境を客観視する良い機会と教わった。なるほど、日本以上に食事の質の高い国はない。僕は日本に生まれて幸運だったのだ
  • f:id:shojig:20151016141710j:plain

    イスタンブルのホテル(スラ・ハギア・ソフィア)のビュッフェ。充実していてかなり良かった。メニューも日替わりで嬉しい。なお、右のスープが曲者である。おいしいのだ。乾燥ハーブと唐辛子を加えてもうまい。ただしハイカロリーなので太る。