楽しい投資研究所の旅日記

楽しい投資研究所 www.1toushi.com からの出張Blogです。

フラメンコに魅了されたという話

フラメンコの存在が文献で確認できるのは19世紀半ば以降のこと。その原型が現れたのは早くとも18世紀末頃といわれる。案外新しい。スペイン、アンダルシア地方が本場といわれる。

f:id:shojig:20181114001717p:plain

*アンダルシアの大道芸はフラメンコが王道(グラナダ

セビージャで滞在したホテルの近くにフラメンコ ミュージアム(Museo del Baile Flamenco)なる施設があった。フラメンコのショーを毎晩開催している。評判はとても良い。これは観たい。ただし、当日券はまず手に入らない様子。

さっそくミュージアムのオフィシャル サイトで予約した。すぐに確認のメールが届いたのだが、請求額以外ほとんど空白のメールであったのが多少気になる。 

f:id:shojig:20181113091549p:plain

*届いた予約確認メールがほぼ空白で不安になる。

まあ大丈夫だろうとは思ったのだが、家内がなんだか気になるというので翌日、直接訪れて確認することにした。

ミュージアムはホテルから歩いて10分のところにある。窓口の青年に訊ねてみたところ、全然予約できていなかった。昨晩予約したのだがと伝えると、ああそうですかわかりましたと予約者リストにその場で書き足してくれた。よくあることなのか。

開演は17時。すべて自由席。早い者勝ちである。僕たちは30分前に会場入りしたのだが席は既に三分の二以上埋まっていた。早めの来場が吉である。

f:id:shojig:20181114000241j:plain

*上演中は撮影禁止

バルセロナグラナダのタブラオでもフラメンコを観てきた。それはそれで良かったのだが、ここのは印象がまるで違った。上手というより凄いという他ない。これが本物か。

フラメンコを習いたいと思ってしまうくらいに魅惑的だった。ダンサーの手足がすぱーんと張るように伸びる。ここの人たちは武術とかやらせても強いんじゃないかと思う。ステップは震脚のようでもある。

観客席は演壇のすぐそば。最前列の観客は翻る衣装の裾で頬を張られる。ダンサーの汗がほとばしり飛んで来る(絶対わざと飛ばしている)。

しかしここで観ることができて本当に良かった。予約は必須。予約確認メールに数量・時間の情報がないときには予約確認も必須である。

f:id:shojig:20181114001758p:plain

*毎日街のどこかでフラメンコダンサーを見る(セビージャ)

 

 

グラナダからセビージャへ 都市間移動の覚書

(※2018年9月 グラナダからセビージャへの移動日のこと)

グラナダからセビージャまでの鉄道のチケットは買ってある。

f:id:shojig:20181111231640j:plain

グラナダ

移動日の朝、グラナダ駅で電車を待った。さて、どのプラットフォームで待てば良いのだろう?駅員さんに訊いた。すると、ここからアンテキエラ駅までバスに乗るんだ。ここに書いてあるだろう?という。

f:id:shojig:20181111232143j:plain

*たしかに書いてある。

たしかにチケットにはそう書いてあるようだ。このスペイン語はわからない(バスという単語だけ読める)。しかしこちらは鉄道の切符を買ったはずなのだが。線路工事でもしているのだろうか?

f:id:shojig:20181111232306j:plain

*バス移動中。どこまでもオリーブ畑がひろがる。

そういえば以前ベルリンでも、電車に乗っていたはずがいつの間にかバスに誘導されて乗っているというようなことがしばしばあった。世界とはそういうものか。

f:id:shojig:20181111232422j:plain

*バスに揺られること1時間半、アンテキエラ駅に着いた。ここから高速鉄道に乗り換える。

セビージャ サンタ フスタ駅に着いたのは15時前。グラナダから3時間20分。外は40℃近い。

駅からホテルへはタクシーを利用したのだが感覚的にグラナダより高いなと感じた。その感覚はどうやら正しくて、悪意のドライバーに幾分上乗せされて請求されたようだ。後日乗った帰路のタクシー運賃に比べて明らかに高い。

しかしそのことを着いたばかりの旅行者が把握するのは困難である。言われるがままに払い、お釣りは取っておいてと10ユーロ紙幣を渡したところ、そのドライバーは上目遣いにグラシアスといい、握手を求めてきた。タクシーのドライバーに握手を求められたのはこのときだけである。良心の呵責に苛まれるがいい。

それはさておき今回押さえた宿は、ホテル ポサダ デル ルセロ。セビージャの最盛期(16世紀)建造の建物で国の文化遺産にも指定されている。

f:id:shojig:20181111232546j:plain

イスラーム建築の香り漂うホテル。

セビージャは一見、内陸部に位置するがグアダルキビル川沿いにあることから大西洋までの船舶交通が可能になっている。その地の利を活かし、この都市は港湾都市として栄えた。

特に当時、新大陸アメリカとの貿易独占により、16世紀にはスペインの中心都市となるまでに繁栄した。しかし17世紀半ば、その人口が史上最大規模に達したタイミングでペストが大流行し、人口減により中心都市としての地位を失っていった。

f:id:shojig:20181111232643j:plain

*ヒラルダの塔のてっぺんから見たセビージャの街並み。

 

コルドバのカフェでオラオラのこと

(※2018年9月 コルドバ

(注)写真はコルドバのものですが本文の内容とはあんまり関係ありません。

f:id:shojig:20181110232518j:plain

コルドバ

一日歩き回って後、コルドバの駅で電車を待つ間、駅ナカのカフェで休んだ。けっこう大きな店だったのだが女性店員さんひとりで回している様子である。なかなか注文を聞いてもらえない。

カウンターには皮ベストを羽織りバイクで乗り付けたらしい、いかつい兄ちゃん二人組がヘルメットを片手にジョッキでビールをあおっている(これだけでもかなりワイルドな所作である)。

その横でひとり待っていた僕の顔を、皮ベストの兄ちゃんがねめ回すように見てきた。で、軽く目が合った。するとその兄ちゃん、僕の目を見てオラー!というのである。

僕も負けじとオラー!と返した。

念のため書いておくが、こちらスペインでは軽い挨拶の言葉がオラー(オッラー)なのである。威嚇ではない。初対面の人にも日に何度も使う。英語の Hello に相当するともいわれるが感覚的にそれよりフランクな感じである。

f:id:shojig:20181110232714j:plain

*白壁の続くユダヤ人街

その後、隣に三世代の家族と思しき人々が陣取った。見ていると孫らしい青年がおばあちゃんを甲斐甲斐しく世話しつつ皆で賑やかにお喋りに興じている。おばあちゃんも静かに微笑んでいて良い雰囲気であった。

f:id:shojig:20181110232746j:plain

*「花の小径」からメスキータの塔を望んだところ

 聞けばアンダルシアの人々はとても家族を大切にするのだそうで、外部者には過剰に見えるほどの家族愛であり、排他的とすら感じられる場合もままあるのだという。

ある研究者はかつてその姿を「家族以外には信頼感情と道徳義的意識を欠くほどの家族主義」と表現し、物議を醸した。アンダルシアは排他的なコネ社会というひともいる。

f:id:shojig:20181110233426j:plain

コルドバ出身セネカ先生

とはいえ端から見ている分には微笑ましい光景だった。孝の精神とは本質的にこういうものなのかもしれない。

f:id:shojig:20181110233225j:plain

*一日歩き通しでくたくたであった

メスキータでイスラム教とキリスト教の融合を見る

(※2018年9月 コルドバ

コルドバのメスキータを訪れた。メスキータはモスクの意。8世紀、後ウマイヤ朝の時代に造られた。

f:id:shojig:20181110171100j:plain

*入場チケット売り場の行列。窓口は複数あるので案外さくさく進む。

建造したのはアブド アッラフマーン1世。彼はウマイヤ朝の王族の子としてダマスカスに生まれたが、アッバース革命でウマイヤ家の一族が虐殺されるなか、それを逃れてイベリア半島に至り、後ウマイヤ朝を建てた。彼の亡命行は軽く調べただけでも凄絶かつ劇的である。伝記か小説があれば読んでおきたい。誰か書いてくれないか。

f:id:shojig:20181110171149j:plain

*メスキータのなか

11世紀、後ウマイヤ朝カトリック勢力の圧力を受け、内部崩壊するかたちで滅んだ。その後イベリア半島は群雄割拠の時代を迎える。

f:id:shojig:20181110171327j:plain

*メスキータ内部。列柱の森。

13世紀にカスティージャ王国がコルドバを占領。モスクはカトリック教会堂となった。イスラム教のモスクからキリスト教の聖堂への転換である。イスタンブルアヤソフィアと逆のパターン。意外といろんなところでこういうことが行われているのかもしれない。宗教戦争に伴う定例行事のようなものといったら怒られるだろうか。その都度多くの血が流されているわけだが。

f:id:shojig:20181110171449j:plain

 *メスキータのなかのミフラーブ。この方角にメッカがある。

宗教間の対立が近年強調される場面が増えたような気もするが、イスラム教徒の間ではキリスト教徒もユダヤ教徒も同じ神から教えを受けた啓典の民として敬意を払われてもいる。 

f:id:shojig:20181110173414j:plain

イスラーム装飾そのもの

メスキータには16世紀に大改築が施された。スペイン王カルロス1世の命による。ただ、工事担当者はモスクの造りに感じ入ったようでかなりの部分を従来のまま残している様子である。内部は列柱の森である。イスラーム装飾が美しい。モスクの趣を多く残しつつも、キリスト教の祭壇があちらこちらに設けられている。

f:id:shojig:20181110171551j:plain

*メスキータのなかのキリスト像

ところでこのカルロス1世、メスキータの大改築(多くの柱を撤去、中心部に巨大な祭壇を設置した)を行って後、こういって嘆いてみせたという。「あなたたちは世界唯一のものを壊し、ありふれたものを据え付けた。美しいカテドラル(大聖堂)は数多くあるが、コルドバのモスクはかつて比類なきものだったのに」 

命じた本人が何をいっているのかとは思うが、そう感じるのは生きる時代も信仰も異なる者ゆえなのか。このエピソードはこの王がサイコパスだった可能性を示唆しているようにも思われる。名を残すような王は程度の差こそあれ皆サイコパシックとみてよいのかもしれない。

f:id:shojig:20181110171830j:plain

*ステンドグラスを通して射し込む光

ところで、イスラム教圏でモスクを訪れるたびに思うのだが、このつくりは神の世界を表現しようとしてのものなのではないか。空間芸術とでも呼ぶべきわざだと感じる。美しくも荘厳なモスクは好むところである。ひとり旅であれば半日くらいぼーっとして過ごすことだろう。

f:id:shojig:20181110172556j:plain

イスラム教とキリスト教の融合

ところで前日訪れたセビージャのカテドラルも壮大で荘厳なつくりなのだがモスクに比べるとどうしても説教くさく感じてしまう。比較するものでもないのだが。それとも僕が単にアラビア文字を解さないからそう感じるだけなのか。アラビア文字が読めない僕には、コーランの文言が記されてあったとしてもただの美しい文様にしか見えない。

f:id:shojig:20181110171926j:plain

*外に出ればアンダルシアの強烈な日差しが待っている

灼熱の城塞都市コルドバ

(※2018年9月 コルドバ

コルドバを訪れた。セビージャから高速鉄道AVEで42分。8世紀半ばから後ウマイヤ朝の首都。10世紀の頃の世界最大都市のひとつ。城塞都市とも呼ばれた。街を囲む城壁が今も残る。

f:id:shojig:20181109002036j:plain

コルドバの城壁。この壁の向こう側にユダヤ人街。

後ウマイヤ朝は後継者争いに外交問題が重なり、元首(カリフ)が部下から追放されるという形で11世紀に滅んだ。

f:id:shojig:20181109002117j:plain

※メスキータの外壁

日差しは強く日中の気温は40℃近い。すれ違ったアジア人観光客の顔が真っ赤で、この強い日差しのなか外を歩きすぎでは?と心配したが、鏡を見たら自分も同じく真っ赤で、他人の心配をする前に自分の頭のハエを追い払えみたいなことわざがあったようななかったようなと自戒する。

f:id:shojig:20181109002157j:plain

グアダルキビル川にかかるローマ橋。対岸にカラオラの塔。

 ローマ橋とメスキータ、それにユダヤ人街、これらを合わせ「コルドバの歴史地区」として世界遺産に登録されている。ローマ橋を渡ってカラオラの塔も見ておきたかったのだが、灼熱の陽射しにやられてしまいそうで断念した。

セビージャのカテドラルとコロンブスの影

(※2018年9月 セビージャ)

セビージャのカテドラルを訪れた。世界で三番目に大きな聖堂である。元はモスクだったがレコンキスタの後、大改築というかモスクは破壊され、キリスト教の大聖堂建立となった。

f:id:shojig:20181104002433j:plain

*セビージャのカテドラル

モスクからカテドラルに移り変わったという点では、イスタンブルアヤソフィアと逆のパターンである。

1401年着工の1519年竣工。百年以上かけて造られた。完成当時、世界最大の聖堂の地位をハギア ソフィアから奪ったといわれる。ただ、そのときハギア ソフィア(アヤソフィア)はオスマン帝国に接収されてモスクへの改築が進められていたはずではあるが。

f:id:shojig:20181104002535j:plain

イスタンブルアヤソフィア(2015年9月)

ヒラルダの塔のみがモスクのミナレットだった当時のまま破壊を免れて残されている。内部を徒歩で登れる。エレベーターはない(なくて良い)。延々と登ることになるので足腰の鍛錬には最適である。

f:id:shojig:20181104002606j:plain

*ヒラルダの塔

また堂内には、見どころのひとつとしてコロンブスの墓がある。そういえばスペインに降り立ってからというもの、ずつとコロンブスの影に付きまとわれているような気がする。

f:id:shojig:20181104002749j:plain

*カテドラルのなかにあるコロンブスの墓

バルセロナではランブラス通りの端、海に面したところにコロンブス銅像があった。グラナダでは市の中心部にイザベラ女王と一緒の銅像が建てられていて、ここセビージャではカテドラルのなかにきらびやかなコロンブスの墓がある。コロンブスは破格の英雄なのだ。

f:id:shojig:20181104003601j:plain

*女王イザベラとコロンブスグラナダ
以前、Wikipediaコロンブスの項を読んでどん引きしたのだが、ネイティブ アメリカンにどんな仕打ちをしようが結果的にはスペインに莫大な富と大繁栄をもたらす端緒となった仕事を成した人物である。ただ個人的にはやはりどん引きの人物ではある。

f:id:shojig:20181104003233j:plain

コルドバのアルカサルのなかにもコロンブス

それはさておきこのカテドラル、隣接するアルカサル(宮殿)とインディアス古文書館とともに世界遺産に指定されている。なのでアルカサルも訪れたい。なのにアルカサルのオフィシャルサイトで予約しようとしてもはじかれるのだ。結局、十回以上予約を申し込んだのだが全てはじかれた。抽選とかではないはずなのだが何なのか。原因も意味も分からない。

そういえばフラメンコのショーをネットで予約する際にも似たようなトラブルに見舞われた。セビージャはなんとなく良いところなのだが、情報空間での難度が高い。

 

バルセロナとスリの話

(※2018年9月 バルセロナ

旅先で日本人の方を見かけても基本的に声をかけたりしないのだが、声をかけられればお話しもする。

僕は日本人とすぐにばれるようで、ヨーロッパの街を歩いているとコニチワなどと声をかけられたりもする。一方、家内の場合はたいていアニョハセヨーである。韓国人と思われているようだ。旅先で韓国人旅行者の方からアー ユー コリアン?と声をかけられているところも何度か見た。

それはともかく、自国語で話しかけられると人は無意識にでも親近感を覚えてしまうものらしい。そして話しかける側はそれを意図して行っているようで、そういう輩の店に近付けばたいてい高くつくというのは旅先あるあるである。

f:id:shojig:20181027235242j:plain

カタルーニャ広場

さて、バルセロナの宿にはカタルーニャ広場近くのホテル カサ キャンパーを押さえた。ランブラス通りから路地に入って3ブロックのところに位置する。このホテル、廊下を挟んで部屋をふたつ使える。一方の部屋にはベッドとシャワールームがあり、もう一方にはテーブルとソファ、それにハンモックが吊るしてある。こういうコンセプトのホテルは初めてである。

f:id:shojig:20181027235429j:plain

*なかなか快適なハンモック

そのホテルの朝食レストランで、日本人旅行者のご夫婦にお会いした。娘さんがホテルも航空券も手配してくれたのだという。いい話である。お互いバルセロナに着いたばかりであったので、気を付けて楽しみましょうといい別れた。

三日目の朝、レストランでまたお見かけしたので無視するのもあれかなと声をおかけした。なにやら少々どんよりされている。

聞けば昨日、スリに遭ったという。バルセロナ滞在二日目、手持ちのユーロ5万円相当を持っていかれた、高い授業料だったと話してくださった。思い当たるのは地下鉄。現金をそっくり失ったのでホテルに帰るのにも難儀した。電車に乗れば皆が泥棒に見えるとも。気の毒な話である。

このときは僕も知らなかったのだが、バルセロナは凶悪犯罪が少ない半面、スリ被害が多い。その多さは世界トップに君臨するレベルである。有名観光施設も要注意なのだが地下鉄での被害がもっとも多い。美術館のなかも油断は禁物である。

f:id:shojig:20181028000652j:plain

バルセロナの地下鉄

スリはたいてい複数人がチームを組んでターゲットを狙う。電車内でのスリは手元を隠すのにジャケットを用いることも多い。ジャケットを身に着けた上でさらに別のジャケットで手元を覆うスリもいるらしく、そこまでくればもうかわいいという他ない。

そういえば、ランブラス通りを歩いているとき、何やら大声を張り上げながら走り去る集団を見かけた。スリ集団を誰かが追いかけていたものと思われる。また、ホテル近くのランドリー店で洗濯していたときにも、店の目の前で中年男性のスリが取り押さえられ、警察に突き出されていた。

f:id:shojig:20181028000716j:plain

*奥でへたり込んでいるのがスリのおじさん

なぜそんなにスリが多いのかは不明なのだが、こちらでは一日四〇〇ユーロまでの窃盗行為は罰金で済むという。そんな取り締まりの方針に問題があるのかもしれない。そもそもいくら盗んだとかスリ本人に訊いてわかるものなのか。

f:id:shojig:20181028001719j:plain

*にぎわうランブラス通り

その後また、ホテルでそのご夫婦とお話しする機会があったのだが、目にする人が皆スリに見えて疲れるので食事は近くの通りで済ませていると話されていた。ああ、ランブラス通りなら店はいくらでもあるので問題ないですねといったところ、いやランブラス通りから横に入ったホテル前の路地で済ませているのだと。パエージャも食べたが普通だったという。

f:id:shojig:20181028001831j:plain

*ランブラス通りから横に入った路地

ところで、先日会った日本人旅行者はもっと高い授業料を払っていた、財布ごと9万円スられたんですってとも仰っていた。心なしか嬉しそうだったのが何やら印象深い。

僕はバルセロナがけっこう好きなのだが、日本人はいろんな意味で上得意客の様子である。

f:id:shojig:20181028000834p:plain

カタルーニャ広場近くにいたポケモン